デジタルカメラの成り立ちと使い方

デジタルカメラが一般に普及をはじめてからわずかの間に、その画質や性能は格段に向上しました。従来のフィルムカメラとは違う電子メカニズムを採用し操作性が高く、本体の小型軽量化や低価格化も進んでいます。
その種類はデジタル・コンパクトカメラからデジタル一眼レフ、カメラ付き携帯電話まで幅広く、ユーザーの使い道に合わせて、便利な機能やより専門的な機能が搭載されています。

小型のメモリーカードに記録、保存されたデジタル画像はパソコンに取り込み、編集・加工を施してポストカードなどに印刷ができます。インターネットを経由すれば、メールの添付データやブログへの投稿、またオンラインアルバムを利用してインターネット上に公開するなど、幅広い用途に応用ができます。

メモリーカードはデジタルカメラの記録媒体として重要な役目を果たし、小型のSDカードは数万枚の画像が保存できるほど大容量になり利便性が高まっている一方、精密機器のため破損しやすく、取り扱いには注意が必要です。また、デジタルカメラは液晶モニターを搭載しているため、バッテリーの消費電力が高くなり、充電池の扱いにも配慮する必要があります。

デジタルカメラの市場は、一般家庭からプロまであらゆる世代や目的に応じ、ますます広がりつつあります。

デジタルカメラの成り立ちと使い方

デジタルカメラの変遷

デジタルカメラにはどんな変遷があったのでしょう?

デジタルカメラを使いこなす

デジタルカメラについて学び、使いこなしましょう。

デジタルカメラが普及し、幅広く使われるようになりました。

Category

デジタルカメラの変遷
デジタルカメラの歴史
デジタルカメラとフィルムカメラの違い
デジタル一眼レフカメラとコンパクト・デジタルカメラの違い
デジタルカメラの構造
デジタルカメラの種類
記録媒体、外部接続
消費電力
デジタルカメラを使いこなす
便利な機能
動画を撮影する
デジタルカメラ付き携帯電話
トラブル・シューティング
デジタルカメラのシェア
デジタル写真を印刷する
デジタル写真を公開・共有する